アドボケイトになり、紹介料を獲得しましょう! アドボケイトに登録お問い合わせ

FlashInfo vs.クランチベース

ビジネス・データ・プラットフォームの広大なランドスケープにおいて FlashInfoとCrunchbaseが手ごわい競争相手として浮上している。どちらも貴重な洞察をもたらしてくれるが、FlashInfo'のユニークなGo-to-Market (GTM)戦略は、あなたのビジネスに必要な強みかもしれない。FlashInfoの総合的なアプローチが、あなたの企業にとっていかにCrunchbaseを凌駕しうるかをご覧ください。

個別デモのリクエスト

このフォームに記入することにより、あなたは私たちの プライバシーポリシーと 利用規約

10,000を超える収益チームがFlashInfo を利用しており、そのシームレスな統合によって強化されている:

FlashIntel
FlashIntel
FlashIntel
FlashIntel
FlashIntel
FlashIntel

特徴

FlashInfo

クランチベース

コンタクト検索

リアルタイムの連絡先を確認 インフォメーション

投資家と役員に限定 役員

電子メール検索

認証済みリアルタイムEメールアドレス

投資家と役員に限定 役員

電話番号検索

確認済みのリアルタイムの電話番号

会社検索

所在地、業種、資金、その他で検索

勤務地、業種などで検索

人物検索

勤務地、職種、学歴などで検索可能

技術データ

企業が使用している技術で検索

ファンディングデータ

リアルタイムの資金調達データとアラート

公的資金データに限定

統合

Hubspot,Salesforce などと統合。

Salesforce などと統合

配達可能性

統合された配信最適化戦略

パワーダイアラー

効率的なアウトリーチのためのパワーダイヤ内蔵

組織図

会社の階層と関係を可視化する

タグ

多様性、民族性などで検索

最も正確な見込み客データへのアクセス

1B+

人物紹介

600M

メールアドレス

250M

ダイレクト・ダイヤル

100M

会社概要

受賞歴のある企業収益加速プラットフォーム

セールス&マーケター向けトップクラスの製品

5/5
平均 98

トップクラスのセールス・インテリジェンス・プラットフォーム

5/5
平均 97

トップクラスの収益加速プラットフォーム

5/5
平均99

お客様の声

お客様からのレビューを参考にしてください。

お客様に愛される理由

よくある質問

よくあるご質問をご紹介します。

FlashInfo 、Crunchbaseの主な焦点は何ですか?
FlashInfo は主にGo to Market (GTM)プラットフォームで、様々な業界に対応し、これらの業界におけるビジネス機能をサポートするように設計された機能を備えている。一方、Crunchbaseは、新興企業、ビジネス、投資家、業界動向のデータベースで知られている。プロフェッショナルが業界動向、投資、グローバル企業に関するニュースを発見できるプラットフォームだ。
FlashInfo 、Crunchbaseのデータベースは内容的にどう違うのですか?
どちらのプラットフォームも企業や業界に関するデータを提供しているが、FlashInfo は、企業の市場戦略を支援する実用的なデータで、GTM のニーズに応えることに重点を置いている。一方、Crunchbaseは、詳細な企業プロフィール、資金調達情報、業界動向の提供に重点を置いている。
FlashInfo や Crunchbase を他のツールと統合できますか?
前述したように、FlashInfo は技術スタックの統合を提供し、複数のツールを1つのプラットフォームに統合できる。一方、Crunchbaseは、統合のためのAPIアクセスを提供しているが、特定のツールのための特定の統合機能を確認する必要がある。
CrunchbaseよりもFlashInfo 、あるいはその逆よりも 、どのようなタイプのユーザーがより恩恵を受けるだろうか?
包括的なGTM ソリューションを探している営業やマーケティングの専門家は、FlashInfo の方がニーズに合っているかもしれない。対照的に、起業家、投資家、市場アナリストは、新興企業、資金調達ラウンド、業界動向に関する洞察を求めて、Crunchbaseに引き寄せられるかもしれない。
FlashInfo 、Crunchbaseと重複する機能はありますか?
両者の主な目的が異なることから、重複はほとんどないかもしれない。しかし、GTM のサポートとグローバルなビジネストレンドに関する洞察の両方を求めるユーザーであれば、両方のプラットフォームを利用することに価値を見出すかもしれない。詳細な機能リストを確認し、場合によってはデモやトライアルに参加することで、より明確なイメージが得られるだろう。